荻野精工株式会社

独自の生産管理システム

多品種少量生産と中量生産の負荷・進度・納期の管理を既製品では行き届かない所まで自社の生産管理システムで、瞬時に対応致します。

独自の生産管理システム
  • 品質Quality
    平成19年度
    京都府青年優秀技能者
    明日の名工1名受賞

    ★1級

    数値制御フライス盤作業2名

    ★2級

    マシニングセンタ作業5名
    数値制御フライス盤作業2名
    フライス盤作業2名
    円筒研削盤作業1名
    ワイヤ放電加工作業1名
    空気圧装置組立作業1名
    油圧装置調整作業1名
    機械・プラント製図1名
      
    計 16名

    人材育成が品質向上の確保と位置づけ、社内勉強会など、全社上げて取り組んでいます。

  • 納期Delivery
    • 生産管理システムで進度・納期管理
    • 当社負荷状況を数値で毎週連絡・協議
  • 価格Cost
    • CAD/CAMを活用
    • VA・VE活動
    • 加工~調整を物流・管理でトータルコストダウン

お客様からの信頼の保持とより高品質のモノ創りを目指し、これからも協力会社と連携し挑戦し続けていきます!!

多様なニーズにお応え

  • 設備の充実Equipment

    MC・汎用機を15台保有

    MC・汎用機を15台保有、その全てに単品加工対応設備が整っています。そのため、難加工形状の加工受注に対応できるとともに、短納期対応が可能になります。

    中量部品加工の3つの強み

    • 10個から5,000個までの部品加工が可能
    • 量産設備専用MC・NC設備を15台保有
    • 自社内での専用治具設計及び開発力
    主な設備はこちら
  • 納期対応の確立Delivery

    2交代勤務体制を構築

    2交代勤務体制で、会社就業時間が日に17時間に。柔軟な稼働体制でお客様の納期ニーズにお応えします。

    自社独自の生産管理システムを導入

    自社独自の生産管理システムで加工進度及び納期管理を行うことで、お客様のお問い合わせに即時お応えできます。

    納期短縮の理由はこちら
  • 人材の育成Professional

    各個人の設備対応力・加工能力を向上させるスキルアップ活用(社内研修制度)

    当社の経営理念である「徹底した品質管理による各種加工技術の向上と創造力のある高品質を目指して研鑽し、もって社会に貢献する」を実現するため、各個人の設備対応力・加工能力を会社と社員が共有し、自己啓発意欲の向上を図っています。

    国家技能士資格者を多数輩出

    社員のスキル向上を目に見える形にするため、積極的に資格取得を奨励しています。(1級2名、2級14名/平成30年度実績)

    求人情報はこちら
  • 品質の向上Quality

    各作業者が行う工程内検査

    不良品ゼロを目指すため、工程内検査を実施しています。工程内検査とは、図面一枚一枚に、作業員が確認のサイン及び実測値を記入することです。

    品質管理課と工程加工者による徹底した検査体制

    図面の寸法数値にチェックマーカー及び合格印押印を実施し、検査体制を確立。お客様にご安心いただけるようにしています。

    トレーサビリティ体制の確立

    実測値図面をスキャナーし集中管理することで、加工工程のトレースがスムーズに行えます。これにより、不良品が発生した時に、早期に対策の検討及び解決をすることができます。

製品が完成するまで

板金・塗装・MC等、協力会社とともに完成品まで仕上げます。

  • 図面
    図面
    図面毎に工程打合せ
  • 部品加工
    部品加工
    図面一枚に一個の現場での対応
  • 検査【品質保証係】
    検査【品質保証係】
    検査部門を持つことにより高品質で保証します
  • 加工部品単体
    加工部品単体
    調整時の、追加工・追加調達にも柔軟に対応します!